医薬品を通販

健康や病気について考えたとき、私たちの生活に切っても切れないものに、薬があります。
薬を飲んだだけで、元気になれる気がするほど、精神的にも安心できますし体調不良を長引かせることなく社会生活を送れるのでとても便利なものです。
その薬についてなのですが、インターネットが普及しネットで購入できるようになってきたのでとても便利な時代になってきました。
その医薬品なのですが大きく二つ分けて、医療用医薬品と一般医薬品があります。

image31

医療用医薬品と一般医薬品の違いとは?

前者は、医師の処方箋を必要とするものを指しますが、後者はドラッグストアに置かれているものなど消費者が症状に合わせて購入できるものを指します。
一般医薬品の中でも、その薬の副作用などの危険度に合わせて、第一類が最も危険度が高く、第三類にまで分類されております。

ネット販売については、第一類と第二類は薬局などのドラッグストアで対面販売をしなければならないという義務付けがあったのですが、2013年に大変化が訪れたのです。
1月に最高裁が、厚生労働省のネット販売規制は違法であるとしたことを始めとして、医薬品の通販が増え続けているのです。
その規制緩和により、インターネットで購入できる体制がと整い始めています。
薬が通販で購入できるようになって、消費者はもちろん便利になるでしょう。

過疎地などでは、薬局があっても営業時間も早く閉まることも多いでしょうし、なかなか手に入れられない現状でしょう。
また、薬を必要としているときは、外出も困難な場合が多いでしょうから、通販で購入して家でゆっくり休んでおけるのもメリットの一つです。

また単身者の場合も、誰かに買ってきてもらうことが困難な場合が多いでしょうから、家にいながらクリック一つで薬を買えるというのもメリットとして挙げられます。
しんどい時に必要としているものだからこそ、インターネットで購入できるととても助かるものです。
勿論、ドラッグストアや薬局での対面販売もメリットがあるのですが、購入するものがもう決まっている場合や飲み合わせなどの危険がない場合は薬剤師に相談することなく購入することが多いでしょう。
そういった場合は、通販の方が簡単に購入でき、時間の有効活用にもなります。

そういった時間の制約だけでなく、場所も選ぶことなく購入することができるものメリットとして挙げられます。
風邪薬や胃薬だけでなく、妊娠検査薬や水虫の薬など、買っているところを人に見られるのは恥ずかしいものってありますよね。
通販ですと、そのような場合でも誰に見られることもないので安心して購入することができます。
とは言え、先ほど少し触れた薬の飲み合わせやこの症状にはどのような薬が合うか薬剤師に相談したいというときは、ドラッグストアなどの対面販売で購入した方が安心できるケースもあります。

対面販売かインターネット販売、それぞれの強み弱みをきっちりと把握しながら、消費者も賢く購入することが重要です。

Comments are closed.