二種類の医薬品通販サイトはベストケンコーが一番です

インターネットの普及に伴って、生活用品やホビーなどは店舗に出向かずとも購入出来る様になりました。
お店を駆け回って商品を探す必要は無くなり、大変便利な時代になったと言えるでしょう。
こうしたインターネットのもたらした便利さの恩恵は、薬の購入時にも得られる様になって来ています。
近年は薬を購入出来るショッピングサイトが沢山登場していますし、大手ショッピングモールサイトでも薬を検索して購入する事が可能です。

さて、こうした薬の通販サイトは、二種類に分類する事が出来ます。
一つは一般的にドラッグストアなどで売られている様な薬を購入できるサイトです。
そしてもう一つは、海外の医薬品を購入することが出来る個人輸入代行業者のサイトです。
この両者の最大の違いは、取扱商品の種類になります。
両者の性質の違いを理解するには、それぞれの人気商品を比べてみるのが一番でしょう。

一般的な薬を販売しているインターネットサイトの人気商品は、目薬や胃腸薬、虫刺されの薬などです。
また、飲料水や食品などの販売を並行して行っている業者が多く、清涼飲料水も人気商品の一角を形成しています。
こうしたサイトで購入出来る医薬品は、全て日本政府に認可されたものばかりです。

また、医師の診断を必要とする様な高度な薬は販売されていません。
この一方で、個人輸入代行業者の人気商品はまるで違ったものになっています。
個人輸入代行業者で人気の高い商品は、ED治療薬やダイエット薬です。
特に、海外で製造されている安価なジェネリックの人気が高くなっています。
とりわけED治療薬に関しては、安価ながら確かな効果を持つ海外のジェネリック版が多数販売されていて、人気商品となっているのです。
国内のクリニックで処方されるバイアグラなどのED治療薬は、4錠入ったもので6,000円ほどします。

一方、同じ分量でも海外のジェネリック版ED治療薬なら、4分の1以下の値段で購入出来るのです。
また、個人輸入代行業者はまとめ買いをするほど割引が受けられる場合が多く、このシステムを使えば新薬の6分の1程度の値段でED治療薬を購入する事も出来ます。
個人輸入代行業者では、ED治療薬やダイエット薬以外に避妊ピルも人気があります。
評判に関してはこちらのサイトが分かりやすくまとめられていますので、参考にしておくとよいでしょう・・・口コミでの評判が良い、ベストケンコー。

避妊ピルも日本国内では産婦人科などで処方してもらう必要があるので、ドラッグストアや薬局で購入する事が出来ません。
しかし、個人輸入代行業者なら個人的に購入する事が可能ですし、ジェネリック版の避妊ピルも販売されています。
この他、抗うつ剤や高血圧の薬なども個人輸入代行業者で購入可能です。

こうした取扱商品をみると、通常の医薬品通販サイトと個人輸入代行業者の違いは明確です。
ただ、個人輸入代行業者で購入した薬は自己責任で使用しなければなりません。
個人輸入で購入した薬を飲んで、副作用で重篤な事態に陥っても保証を受けられないのです。

shohouこうした事から、医師の判断を必要とする様な薬には安易に手を出さない方が賢明だと言えます。
ただ、個人輸入代行業者で取扱われている医薬品自体は確かな製品なので、使用法を間違わなければ安全に使用出来ます。
現代の進化したインターネットの通販は、この様に様々な医薬品の販売を実現しているのです。

Comments are closed.